香港のDNAテストPrenetics、中国の保険大手からシリーズAで約11億円調達

香港のDNAテスト企業Preneticsは、3月16日、中国の保険大手Ping An Insurance Group<SHA: 601318>のベンチャー投資部門Ping An VenturesなどからシリーズAで1,000万ドル(約11億2,780万円)を調達した、と発表した。

Prenetics
香港のDNAテスト企業Preneticsは、3月16日、シリーズAで1,000万ドル(約11億2,780万円)を調達した、と発表した。

今回のラウンドは、中国の保険大手Ping An Insurance Group<SHA: 601318>のベンチャー投資部門Ping An Venturesがリードで、インドネシアのLippo Groupが支援するベンチャーキャピタルVenturra Capital、Capital Union Investmentsと既存投資家の500 Startups、COENT Venture Partnersが参加した。

同社は、2009年、uBuyiBuyの創業者でシリアルアントレプレナーであるDanny Yeung氏とLawrence Tzang博士によって設立された会社。メンバーには、ヘルスケアに精通した専門家が多く、さらに、エンジニアや理化学博士も多数在籍している。

同社では、痛みを伴わないDNA検査「iGenes」を使って、遺伝子レベルで薬疹をはじめとした薬への反応を調べる。これにより、一人ひとりの患者に最適な薬を処方できるようになる。

なお、同社によれば、数カ月以内に、新製品をリリースし、2,130億ドル(約24兆221億円)に及ぶヘルスケア市場で新しい未来をつくっていく、とのこと。