飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」が総額12億円を資金調達

株式会社トレタは、Eight Roads Ventures Japan(旧Fidelity Growth Partners Japan)をリード投資家に迎え入れ、総額12億円の資金調達を完了したことを発表。

株式会社トレタは、9月30日、総額12億円の資金調達を完了したことを発表。

今回のラウンドは、Eight Roads Ventures Japan(旧Fidelity Growth Partners Japan)がリードで、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズが運営するドコモ・イノベーションファンド投資事業組合、三井住友海上キャピタル株式会社が運営するMSIVC2012V投資事業有限責任組合、既存株主であるフェムトグロースキャピタル投資事業有限責任組合と新生企業投資株式会社、WiL, LLC.が運営するWiL Fund I, L.P.、株式会社アイスタイルキャピタル、米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム)の投資部門であるセールスフォース ベンチャーズが参加した。

今回の資金調達に伴い、Eight Roads Ventures Japan日本代表のデービッド・ミルスタイン氏が社外取締役に就任した。

トレタは、2013年12月より、飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」をリリース。リリース以降導入店舗数が伸長しており、2016年9月現在で登録店舗数は7,000以上にのぼる。また、累計予約件数は約1,400万件、人数にして約6,500万人分の予約が登録されているなど、拡大を続ける予約管理サービス市場の中でも際立った成長を続けている。これにより、2016年9月現在、2年連続業界シェアナンバーワンとなる38%のシェアを誇る。

今回の調達資金によって、トレタは、開発体制の増強や営業・サポート・マーケティング体制の拡充を行い、「トレタ」の一層のサービス強化を図るとともに、「予約ツール」から「経営プラットフォーム」への進化を実現していきたい考えだ。加えて、飲食店が長く安心して利用できるように、事業基盤の安定化も強力に推進する方針。