飲食店予約企業トレタ、アイスタイル、伊藤忠、DDHより3億円調達

飲食店向け予約・顧客台帳サービス「トレタ」を運営する株式会社トレタは、2月29日、株式会社アイスタイル、伊藤忠商事株式会社、株式会社電通デジタル・ホールディングスが運営する電通デジタル投資事業有限責任組合より3億円を調達した、と発表した。

toreta

飲食店向け予約・顧客台帳サービス「トレタ」を運営する株式会社トレタは、2月29日、株式会社アイスタイル、伊藤忠商事株式会社、株式会社電通デジタル・ホールディングスが運営する電通デジタル投資事業有限責任組合より3億円を調達した、と発表した。今回の資金調達後、資本金は4億3,983万となった。

同社は2013年に設立された会社。2013年12月より、高級レストランから居酒屋まであらゆる飲食店向けに、飲食店の予約を簡単・便利に管理ができる予約/顧客台帳サービス「トレタ」を提供する。

同社によれば、同サービスの登録店舗数は、2016年2月現時点で4,900を超える、という。これは、前年同月比の1.8倍で、サービス利用継続率は99%を超える、とのこと。また、累計予約件数は665万で、人数ベースでは3,400万の予約が登録された、としている。

また、同社は、同日、今回のラウンドに参加した伊藤忠商事の関連会社株式会社ベルシステム24と飲食店の予約業務代行サービスにおける協業、伊藤忠商事の海外ネットワークを活用し、台湾最大手の電気通信事業者である中華電信股分有限公司との営業提携を予定していることも明らかにした。

今回の資金調達により、同社は、事業基盤を強化していきたい考えだ。なお、経営体制の強化を目的に、非常勤監査役として、株式会社キャンバスの取締役である加登住眞氏が参加する。