開設数160サロン突破!オンラインサロンサービス『DMM Lounge』がランサーズと連携

Webを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社DMM.comは、11月15日、日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズ株式会社と業務提携し、『DMM Lounge(ラウンジ)』で相互連携を開始する。『DMM Lounge』は、堀江貴文や渡部建といった著名人がサロンを開設しており、現在開設数160サロンを突破するオンラインサロンサービス。

Webを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社DMM.comは、11月15日、日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営するランサーズ株式会社と業務提携し、『DMM Lounge(ラウンジ)』で相互連携を開始する。『DMM Lounge』は、堀江貴文や渡部建といった著名人がサロンを開設しており、現在開設数160サロンを突破するオンラインサロンサービス。

今回の業務提携によって、ランサーズのコンテンツマーケティング支援事業において活躍するクリエイターのDMM Loungeでのオンラインサロン事業での報酬獲得をサポートすることで新しい働き方機会の創出を支援していくとともに、DMM Loungeで活躍する著名人をクライアント企業のオウンドメディアの編集長や監修にアサインすることでマーケティング効果の見込めるコンテンツ制作支援を実施していく。

具体的には、DMM Loungeと連携してオンラインサロンの開設支援を行うことで、 サービスローンチ以降増加しているQuant登録ハイエンドライターが、より顧客を獲得しやすくできるようなマーケティング活動の支援を行っていくとともに、新たな収益機会を提供する。また、 DMM Loungeに登録するサロンオーナーには、その専門性に適したメディアの編集や監修の仕事を紹介、DMM Loungeのメニューとして提供する。一方、ランサーズの法人向けソリューションサービス「ランサーズ for Business」にてコンテンツを依頼するクライアントは、著名人の編集長・監修者をアサインすることが可能となる。

これにより、登録者個人の報酬獲得の機会を最大化するとともに、両社のユーザー、クライアントへの新たなコンテンツ提供を行う考えだ。