車載用画像認識ソフトウェア企業フィーチャー、NVCC、ニッセイ・キャピタル、三菱UFJキャピタルから1億円調達

車載用画像認識ソフトウェア企業フィーチャ株式会社は、3月4日、日本ベンチャーキャピタル株式会社(NVCC)、ニッセイ・キャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社より総額1億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

ficha

車載用画像認識ソフトウェア企業フィーチャ株式会社は、3月4日、総額1億円の第三者割当増資を実施した、と発表した。

今回のラウンドには、日本ベンチャーキャピタル株式会社(NVCC)、ニッセイ・キャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社が参加した。

同社は、2005年、自動運転に向けて進化を遂げつつある、自動車市場に焦点を絞って設立された会社。独自の機械学習技術を用いて、精度が高く、現実的な実装性能を合わせ持つ車載用画像認識ソフトウェアを提供する。

今回の資金調達で、同社は、アルゴリズムの開発を強化し、独自の機械学習技術をコアとする画像認識ソフトウェアで自動車市場をリードするべく、事業を拡大していきたい考えだ。