診療所向けのクラウド電子カルテ「Clipla」のクリニカル・プラットフォーム、モバイル・インターネットキャピタルから総額約2億円を資金調達

診療所向けのクラウド電子カルテ「Clipla」を提供するクリニカル・プラットフォーム株式会社は、モバイル・インターネットキャピタル株式会社が無限責任組合員を務めるMICイノベーション4号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資により、総額約2億円の資金調達を実施。

診療所向けのクラウド電子カルテ「Clipla」を提供するクリニカル・プラットフォーム株式会社は、7月1日、モバイル・インターネットキャピタル株式会社が無限責任組合員を務めるMICイノベーション4号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資により、総額約2億円の資金調達を実施した、と発表した。

クリニカル・プラットフォームは、2016年1月、クラウド電子カルテ「Clipla」をリリース。内科、小児科、精神科などを中心に全国の診療所への導入が加速している。また、メドレー社のオンライン病気事典「MEDLEY」やミー・カンパニー社の「スクエルデータベース」など、クラウドサービスならではの機能やサービス連携を実現。

今回の資金調達によって、クリニカル・プラットフォームは、クラウド電子カルテ「Clipla」のさらなる機能拡充とユーザービリティの向上のため、開発環境ならびに開発体制の強化を図るとともに、事業開発部門の新設を通じて、さまざまな事業者とのパートナーアライアンスを実現し、診療所における患者管理・経営管理・会計などさまざまな業務の効率化につながるプラットフォームサービスの提供を目指したい考えだ。