診察券アプリ「NOMOCa」運営のGENOVA、GREPと資本業務提携を締結

GENOVAは、GREPが実行する第三者割当増資の引受先となり、資本業務提携を締結した、と発表した。今回の提携により、両社は、診察券アプリ「NOMOCa」に、GREPの持つ連携技術を取り入れる。これにより、多くのメーカーや製品が乱立している医科、歯科、調剤薬局の電子カルテ・レセコンが保有する情報を「NOMOCa」を通じて共有することが可能。

GENOVAは、GREPが実行する第三者割当増資の引受先となり、資本業務提携を締結した、と発表した。

GENOVAは、ヒトと医療をつないで健康な社会を創ることを企業方針として掲げ、医療機関向けにマーケティング支援事業を展開し、多岐にわたるサービスを提供。現在、医療機関だけでなく人々の暮らしを豊かにするスマートな社会の実現を目指し、スマートコミュニティ事業を推進。特に、診察券アプリ「NOMOCa」を中核サービスとし、患者と医療機関の双方がメリットを実感できるサービスの発展に注力している。

一方GREPは、乱立する医科、歯科、調剤薬局の基幹システムとの連携技術を保有。この技術はこれまでも院内における業務効率化により、患者の利便性向上に貢献してきた。

今回の提携により、両社は、診察券アプリ「NOMOCa」に、GREPの持つ連携技術を取り入れる。これにより、多くのメーカーや製品が乱立している医科、歯科、調剤薬局の電子カルテ・レセコンが保有する情報を「NOMOCa」を通じて共有することが可能。今後は、電子カルテ・レセコンの他に、患者の身体に関する情報を保有している健診システム、在宅医療システム、介護支援システムなどとの連携対応を予定。