英国フードデリバリー「Jinn」、シリーズAで約8億1,000万円調達…年間流通額は約27億円以上

英国・ロンドンのフードデリバリー「Jinn」は、Samaipata VenturesなどからシリーズAで750万ドル(約8億1,000万円)の資金調達を実施した、と公式Facebookで発表した。「Jinn」の年間流通額は2,500万ドル(約27億2,000万円)以上で急成長中だ。

Jinn

英国・ロンドンのフードデリバリースタートアップJinnは、4月5日、シリーズAで750万ドル(約8億1,000万円)の資金調達を実施した、と公式Facebookで発表した。今回の資金調達で、資金調達額は累計979万ドル(約10億6,000万円)となった。

今回のラウンドは、Samaipata Venturesがリードで、Elderstreet、Bull Partnersと既存のエンジェル投資家が参加した。

Samaipata Venturesは、2015年5月、スペインLa Nevera Rojaの創業者であるJose del Barrio氏によって設立されたベンチャーキャピタル。なお、La Nevera Rojaは、2015年1月、Rocket Internetに1億ドル(約108億6,000万円)でイグジットしている。

Jinnは、2013年、Mario Navarro氏、Leon Herrera氏、Joseba Mendivil氏によって、ロンドンのみんなの願いを叶えることをミッションに設立された会社。英国・ロンドン市内で、フードデリバリーアプリ「Jinn」を提供する。

Jinn0

「Jinn」は、ロンドン市内のレストランや店舗を網羅している。ユーザーは、数千以上のメニューの中からほしいものを注文し、45分以内にデリバリーを受け取ることができる。また、リアルタイムで配達状況を確認できる。

Jinn1

さらに、「Jinn」では、Stripeをつかった決済システムを導入している。これにより、配達完了時にキャッシュレスで支払いができる点も魅力のひとつだ。

Jinn2

また、「Jinn」は、リリースから2年で、

* 1カ月あたりのデリバリー注文数は5万以上
* 年間流通額は2,500万ドル(約27億2,000万円)以上
* ユーザーの平均注文量は1週間に1回
* 平均配達完了時間は32分

にまで成長している。これにより、Jinnは、月次成長率30%以上で伸びつづけている。

今回の資金調達によって、Jinnは、ロンドン市内だけではなく、ヨーロッパの主要な都市へ、事業拡大を進めていきたい考えだ。