英国の投資型クラウドファンディングCrowdcube、総投資額が約240億円を突破

英国の投資型クラウドファンディング(エクイティクラウドファンディング)企業Crowdcubeは、2011年のリリースから総投資額が1億5,000万ポンド(約238億3,500万円)に達した、ことを発表した。

Crowdcube

英国の投資型クラウドファンディング(エクイティクラウドファンディング)企業Crowdcubeは、3月31日、2011年のリリースから総投資額が1億5,000万ポンド(約238億3,500万円)に達したことを発表した。

Crowdcube1

同社によれば、3月30日夜に、革新的なシューズスタートアップVivobarefootが700人以上の投資家から75万ポンド(約1億1,917万円)を集めたおかげで達成できた、としている。

また、Crowdcubeは、これまでの業績として、

* 資金調達成功企業数: 381件
* 資金調達成功企業のステージ内訳: 28%がシード投資、72%がグロースステージ
* 投資家数: 26万7,000以上
* プロジェクトの人気分野: 1位がテクノロジー、2位がインターネットビジネス、3位が食品・飲料
* 資金調達成功企業による新規雇用数: 7,000以上
* 最大資金調達成功企業: 2015年3月に350万ポンド(約5億5,614万円)を集めた「JustPark」
* 最短資金調達成功企業: 2016年3月に96秒で100万ポンド(約1億5,890万円)を集めた、デジタル銀行スタートアップ「Mondo」
* 1件あたりの投資金額で最大を記録した企業: 2015年7月に1人の投資家から100万ポンド(約1億5,890万円)を集めた、世界初の整形可能な接着剤「Sugu」
* 最初のイグジット: E-Car Club、Camden Town Brewery
* E-Car Clubは、2015年にヨーロッパのカーレンタル企業Europcarに買収された
* Camden Town Breweryは、2015年に世界最大の飲料企業AB InBevに買収された
* 最初のリターン: Crowdcube Bonds
* 資金調達額は1,600万ポンド(約25億4,237万円)以上で、投資家へのリターンは総額72万2,000ポンド(約1億1,472万円)

であることも明らかにした。

また、同社は、London Co-Investment Fundと提携している。これにより、英国政府は、Crowdcube上で9件のディールに参加し、総額125万ポンド(約1億9,862万円)を投資した。

Crowdcube2

英国では、クラウドファンディングを用いた資本政策が、経済的・社会的影響を大きく与えてきている。ケンブリッジ大学が2月27日に発表した調査レポートによると、英国で投資型クラウドファンディングの市場は急速に拡大している。

同調査によれば、英国の投資型クラウドファンディングの市場は、2014年の8,400万ポンド(約133億4,750万円)から2015年は前年比295%増加で3億3,200万ポンド(約527億5,400万円)に急成長している。また、2015年の英国のベンチャー投資のうち、15.6%を占める2億4,500万ポンド(約389億3,000万円)が投資型クラウドファンディングによる資金調達であった。なお、これは不動産クラウドファンディングを除いた数字である、とのこと。

今回の業績について、Crowdcubeは、投資型クラウドファンディングを通じて、ユーザーの多大なる支援のもと、英国のベンチャー投資と新規雇用創出に貢献できたことを強調した。