英国のリーガルスタートアップGoodlord、シードで約3億円を資金調達

英国・ロンドンのリーガルスタートアップGoodlordは、LocalGlobe Capitalなどからシードで200万ポンド(約3億円)の資金調達を実施した、と発表した。Goodlordでは、クラウド技術をベースに、エージェントや不動産オーナー、テナント向けに電子署名でオンライン上で契約を締結できるソフトウェアを提供。

Goodlord

英国・ロンドンのリーガルスタートアップGoodlord](https://www.goodlord.co/){: target=”_blank”}は、[5月18日、シードで200万ポンド(約3億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドはLocalGlobe CapitalやGlobal Founders Capitalなどが参加した。

Goodlordは、2014年、Richard White氏、Philip Mundy氏、Tom Mundy氏によって設立された会社。Goodlordは、現在英国国内の200以上のエージェントで利用されている。

Goodlord1

Goodlordでは、クラウド技術をベースに、エージェントや不動産オーナー、テナント向けに電子署名でオンライン上で契約を締結できるソフトウェアを提供している。もちろん、契約締結時に必要な信用照会もオンライン上で簡単にできる。これにより、いつでもどこでも簡単にパソコンやスマートフォンを使って契約できるようになり、紙を使った実務作業を削減してプロセスの効率化を図ることを目指している。

今回の資金調達によって、Goodlordは、採用を強化して、事業開発を進めていきたい考えだ。