自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」、利用者数400万人突破

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワードが運営する個人向け自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」は、2016年9月に利用者数が400万人を突破したことを発表。

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワードが運営する個人向け自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」は、9月14日、2016年9月に利用者数が400万人を突破したことを発表。

「マネーフォワード」は、2012年のサービス開始以来、ユーザーのフィードバックをもとに、サービスの改善および機能の拡充を繰り返しており、現在、銀行や証券、クレジットカード、ECサイトなど2,580以上の金融関連サービスからの入出金や残高の情報を自動で取得し、記録する。手間いらずの自動家計簿・資産管理サービスとして、ビジネスパーソンから主婦まで、地域や年代・性別を問わず幅広く利用されている。

2016年には、マンションの参考価格がひと目でわかる「HOME’Sプライスマップ」との連携や、10,340パターンの家計データから最適な家計を提示する『家計診断』の提供、ビットコイン残高データの自動取得機能の提供など、従来の家計簿の概念にとらわれない幅広い分野で便利な機能を提供している。