米国Waltz Networks、シリーズAで約8億7,000万円を資金調達

米国・カリフォルニア州サンフランシスコのWaltz Networksは、New Enterprise Associates(NEA)などからシリーズAで815万ドル(約8億7,000万円)の資金調達を実施した、と発表した。

Waltz

米国・カリフォルニア州サンフランシスコのWaltz Networksは、4月19日、シリーズAで815万ドル(約8億7,000万円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回の資金調達の内訳は、New Enterprise Associates(NEA)から675万ドル(約7億2,000万円)、National Science Foundationから140万ドル(約1億5,000万円)となった。

Waltz Networksは、2013年、コーネル大学の研究からスピンアウトして、Kevin Tang氏とNithin Michael氏によって設立された会社。あらゆるネットワークをシームレスに統合することで、リアルタイムに解析可能なネットワークの構築を目指す。これにより、企業は運用コストを最小限に抑えながら、より広範囲で複数のネットワークを1つにコントロールできる。

今回の資金調達によって、Waltz Networksは、採用を強化して、事業開発を進めていきたい考えだ。