米国SI企業Zaloni、シリーズAで約8億5,000万円調達

米国・ノースカロライナ州ダーラムのSI(システムインテグレーション、System Integration)企業Zaloniは、3月7日、Sierra VenturesとBaird CapitalからシリーズAで750万ドル(約8億5,350万円)を調達した、と発表した。

zaloni

米国・ノースカロライナ州ダーラムのSI(システムインテグレーション、System Integration)企業Zaloniは、3月7日、シリーズAで750万ドル(約8億5,350万円)を調達した、と発表した。

今回のラウンドは、Teradata<NYSE: TDC>やGreenplumなどのビッグデータ関連企業に投資をしてきたSierra Venturesがリードで、Baird Capitalが参加した。今回の資金調達により、Sierra VenturesのマネージングディレクターであるMark Fernandes氏がボードメンバーになる。

同社は、2007年、元NetApp・富士通でビッグデータ分野に精通するBen Sharma氏と元IBM・Singtel Optusでサービス開発を得意とするBijoy Bora氏によって設立された会社。企業が抱える様々な情報に対して、ビッグデータを使ったアジャイル開発で管理しやすいシンプルなデータに変換することによって、事業部署を横断して一元データ管理できる、革新的なデータ管理ソリューションを提供する。

2015年末には、主力ソフトウェアの最新版「Bedrock」をリリースした。これは、データの可視化・企業ガバナンス・信頼性を向上するために全てのプロセスを一つに統合したデータ管理プラットフォームだ。

また、最近では、データの発見・キュレーション・準備ができるクラウドオンランプサービス「Mica」をリリース。これにより、企業は、Hadoopとビッグデータ管理に知見がなくても、チームでビッグデータの管理・運営ができるようになる。

mica

同社によれば、年次成長率が100%以上とのこと。顧客には、フォーチュン誌が年1回発表する「フォーチュン500(Fortune 500)」に選抜された米国でも有数の企業をもつという。

今回の資金調達により、同社は、同社の主要なソフトウェア事業を拡大し、さらに、営業・マーケティング、リサーチ・研究開発を進め、グローバル展開を加速していきたい考えだ。