米国INRIX、OpenCarを買収…Google・Appleの自動運転車に挑む

交通情報とドライビングサービスの国際的有力プロバイダーである米国・ワシントン州カークランドのINRIXは、3月9日、米国・ワシントン州シアトルのOpenCarを買収することで合意した、と発表した。同社は、自動運転車の分野でGoogle・Appleに挑戦する。

Inrix

交通情報とドライビングサービスの国際的有力プロバイダーである米国・ワシントン州カークランドのINRIXは、3月9日、米国・ワシントン州シアトルのOpenCarを買収することで合意した、と発表した。

Opencarは、自動車業界では唯一の独立系企業で、業界水準のアプリケーションの開発環境とフレームワークを提供する。

Opencar0

Opencarのフレームワークは、Google Android CarやApple CarPlayなどの自動運転車のアプリケーションとは異なり、自動車メーカーが制御でき、すべての情報を横断的にタッチと音声で操作できる。この独自のフレームワークで、同社は、自動運転車の分野でGoogle・Appleに挑戦する。

Opencar

また、Opencarフレームワークのサードパーティーは、1,300社以上。OEM提携企業先には、Audi、BMW、Ford、Lexus、Mercedes-Benz、Porsche、Rolls Royce、Tesla、Toyota、Volkswagenなど主要な自動車メーカーがいる。これにより、車載情報・メディア・位置情報などの様々な情報を提供できる。

今回の買収によって、INRIXは、自動運転で機能制御できカスタマイズできるユーザー体験とともに、サードパーティーのコンテンツとアプリケーションのポートフォリオを広げることで、クラウドプラットフォームとして拡張していきたい考えだ。