米国ICX Media、シードで約3億円調達…ベテラン勢が前職の繋がりをいかす

米国・ワシントンのICX Mediaは、3月4日、シードで250万ドル(約2億8,430万円)を調達した、と発表した。同社は元Millennial Mediaのメンバーをはじめデジタルメディアに精通したベテランたちによって設立された会社。

ICX Media

米国・ワシントンのICX Mediaは、3月4日、シードで250万ドル(約2億8,430万円)を調達した、と発表した。

今回のラウンドは、

* Phil Herget氏(元Columbia Capital共同マネージングパートナーManaging Partner、Vubiquityの会長)

がリードでデジタルメディアに精通したベテランと同社の共同創業者である、

* 共同創業者兼CEOのMichael Avon氏(ABS Capital Partnersのパートナー、元Millennial MediaのChief Financial Officer(CFO)兼Executive Vice President)
* 共同創業者のTom MacIsaac氏
* 共同創業者兼CTOのSteven McCord氏(元Millennial MediaのCTO)
* 共同創業者のJoey McCord氏(元Millennial MediaのChief Product Officer)

が参加した。また、同社の投資家とアドバイザーには、メディア、データ分析、ビデオ・モバイル業界に精通した、

* Darcy Antonellis氏(VubiquityのCEO、元Warner BrothersのCTO)
* Jeff Ganek氏(Neustarの創業者)
* Robert Poulin氏(Neustarの創業者)
* Mark Foster氏(Neustarの創業者)
* David Martirano(Point Judith Capitalの共同創業者兼General Partner)
* Brian O’Kelley氏(AppNexusの共同創業者兼CEO、Right Mediaの創業者)
* Jay Markley氏(BroadSoftの会長兼ボードメンバー、元Millennial Mediaのボードメンバー)
* Franklin Raines氏(元Fannie MaeのCEO、XAPPmediaの会長)
* Song Pak(RevolutionのEVP Operations兼General Counsel)
* Pete Kaiman氏(Kaiman Brothersの共同創業者)
* Art Marks氏(Valhalla Partnersのマネージングパートナー、Vubiquity and Videologyのボードメンバー、元Advertising.comのボードメンバー)
* Bobby Campbell氏(Good Wizard Productionsの創業者、Adkarma、Division Dの創業者兼CEO)
* Steve Pann氏(Blackbird Technologiesの共同創業者、Razor’s Edge Venturesの共同創業者)
* Peggy Styer氏(Blackbird Technologiesの共同創業者、Razor’s Edge Venturesの共同創業者)
* Ted Prince氏(NeustarのSVP, Information Services & Corporate Development、元National Geographic VenturesのPresident、元Global MediaのCOO、元AOL TimeWarnerのSVP兼Strategy & Development)
* Jim Mollica氏(Under ArmourのDigital Marketing and Contentのヘッド、元ViacomのSVP兼Marketing、元DisneyのGlobal New Media Director)

が参加している。これは、同社創業メンバーの前職における繋がりをいかした人選だ。

同社は2015年に設立された会社。現在、米国・ワシントンを本拠地に、米国・ニューヨーク、米国・ロサンゼルスにも拠点をもつ。

同社では、アマチュアとプロの個人ビデオコンテンツクリエイター向けに、ユーザーの獲得とビデオコンテンツの収益化をするオンデマンドプラットフォームを開発している。

同プラットフォームでは、機械学習を用いたデータ分析エンジンを使い、販売、ソーシャルメディアマーケティング、多チャネル化、マネタイズなどのユーザーの獲得から収益化までのプロセスをデータをもとに簡単に一元管理できる。これにより、個人ビデオコンテンツクリエイターはコンテンツ制作に集中することができる。

今回の資金調達により、同社は、個人のビデオコンテンツクリエイター向けにメディア業界が抱える問題に対してデータ主導のソリューションと技術の開発を進め、さらに、メディア企業とブランド向けに高品質なデジタルコンテンツをよりシームレスに提供していきたい、としている。