米国Cyara、シリーズAで約27億円を資金調達…パートナーはCiscoやIBM

米国・カリフォルニア州レッドウッドシティを拠点に顧客体験のテスト・モニタリングプラットフォームを提供するCyaraは、PeakSpan CapitalなどからシリーズAで2,500万ドル(約27億円)の資金調達を実施した、と発表した。パートナー企業は、CiscoやIBMなど。

Cyara

米国・カリフォルニア州レッドウッドシティを拠点に顧客体験のテスト・モニタリングプラットフォームを提供するCyaraは、3月30日
、シリーズAで2,500万ドル(約27億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドは、PeakSpan CapitalとGreenspring Associatesが参加した。

Cyaraは、2006年、Alok Kulkarni氏、Bonny Malik氏、Luan Tran氏によってオーストラリアで設立された会社。適切な顧客体験を提供するために、技術的な障壁をすべて取り除く、顧客体験のテスト・モニタリングプラットフォームを提供している。

Cyaraのプラットフォームでは、IVR(音声性能テスト)を含め、すべての対話チャネルにまたがる統合的な開発および製造後テストを自動化する。具体的には、スクリプト作成、レポート、管理、コラボレーション、マネジメントのポータルなどを提供する。これにより、企業は、様々なツールや手動テストを利用した場合と比べて、新機能をより迅速に信頼性をもって提供できるようになる。現在、パートナー企業には、Avaya、Cisco、Genesys、IBM、HP、Nuanceなどをもち、世界有数のIT企業で利用されている。

今回の資金調達によって、Cyaraは、さらなる事業拡大に向けて、グローバルマーケティングチーム・ビジネスディベロップメントチーム・営業チーム・エンジニアチームを強化し、事業を加速していきたい考えだ。

なお、Cyaraは、2016年の従業員数が前年と比べて60%以上増加する見込みとしている。