米国有数の医療機関が利用するヘルスケアスタートアップProcured Health、シリーズBで約10億円を資金調達

米国・シカゴのヘルスケアスタートアップProcured Healthは、Heritage GroupなどからシリーズBで1,000万ドル(約10億円)の資金調達を実施した、と発表した。

米国・シカゴのヘルスケアスタートアップProcured Health](http://procuredhealth.com/){: target=”_blank”}は、[6月14日、シリーズBで1,000万ドル(約10億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドは、Heritage Groupがリードで、Health Insight Capitalが参加した。

Procured Healthは、2012年、Hani Elias氏によって設立された会社。医療機関向けに、テクノロジーとデータをつかって、病院での診療予約管理から病棟の利用状況の管理まで病院内のマネジメントソリューションを提供する。Stanford Health Care、Vanderbilt University Medical Center、Legacy Health、St. Joseph’s Health、Johns Hopkinsなど米国有数の医療機関で利用されている。

今回の資金調達によって、Procured Healthは、研究開発を進め、事業開発を進めていきたい考えだ。