米国旅行者向け民泊アプリ企業Overnight、シードで約3億円調達

米国・ロサンゼルスの旅行者向け民泊アプリ企業Overnightは、Accomplice and CrossCut Venturesより、シードで250万ドル(約2億8,480万円)調達した、と発表した。

Overnight

米国・ロサンゼルスの旅行者向け民泊アプリ企業Overnightは、2月25日、シードで250万ドル(約2億8,480万円)調達した、と発表した。

今回のラウンドは、Accomplice and CrossCut Venturesがリードで、個人投資家のPaul Bricault氏とElliott Bisnow氏が参加した。

同社は、2015年末、Asher Hunt氏、Artia Moghbel氏、Ethan Kravitz氏によって設立された会社。同社のサービスは、モバイルファーストで設計されており、旅行者向けに民泊を提供する。現在、米国・ロサンゼルスで100以上のホストを確保している。

今回の資金調達で、同社は、米国・ロサンゼルスでのベータ版のリリース費用にあて、さらに、3月11日〜3月15日に米国・オースティンで開催予定のイベント「SXSW」で披露したい考えだ。