米国プロバイダーNginx、シリーズCで約8億円を資金調達…AirbnbやInstagramなどが愛用

米国・カリフォルニア州サンフランシスコのプロバイダーNginxは、オーストラリア最大の通信会社Telstraのベンチャー投資部門Telstra VenturesなどからシリーズCで800万ドル(約8億円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、資金調達額は累計4,100万ドル(約44億円)となった。

Nginx

米国・カリフォルニア州サンフランシスコのプロバイダーNginxは、4月21日、シリーズCで800万ドル(約8億円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、資金調達額は累計4,100万ドル(約44億円)となった。

今回のラウンドは、オーストラリア最大の通信会社Telstraのベンチャー投資部門Telstra Venturesがリードで、既存投資家のNew Enterprise Assciates、e.ventures、Runa Capital、Index Venturesが参加した。今回の資金調達で、Tom Hull氏が社外取締役に就任する。

Nginxは、2011年、Gus Robertson氏によって設立された会社。本拠地は、米国・サンフランシスコで、その他に、ロシア・モスクワ、英国・ロンドンにも拠点を持つ。

Nginx1

Nginxでは、ウェブとモバイル向け、に高度な負荷分散システム、コンテンツキャッシング、アプリケーション監視、メディアストリーミングなどのソリューションを提供する。現在、全世界で1億4,000万以上のサイトで利用されている。クライアントは、Airbnb、Box、Instagram、Netflix、Pinterest、SoundCloud、Zapposなど。

今回の資金調達によって、Nginxは、グローバルでオペレーションを拡大していきたい考えだ。