米国デリバリークラウドソーシング企業Deliv、シリーズBで約32億円調達

米国デリバリークラウドソーシング企業Delivは、シリーズBで、the UPS Strategic Enterprise Fund及び既存投資家より、2,800万ドル(約31億8,976万円)を調達した、と発表した。

Deliv/

米国デリバリークラウドソーシング企業Delivは、2月24日、シリーズBで2,800万ドル(約31億8,976万円)を調達した、と発表した。今回のラウンドで、調達額は累計4,035万ドル(約45億9,667万円)となった。

今回のラウンドには、新規投資家としてthe UPS Strategic Enterprise Fund、既存投資家ではUpfront Ventures、RPM Ventures、PivotNorth Capital、General Growth Properties、The Macerich Company、Simon Venture Group、Taubman Centers、Westfield Corpが参加した。

同社によれば、ペイドオフで無料な物流ネットワークの構築によりユビキタスデリバリーネットワークを構築する、という戦略に基づき、2015年の業績は、

* デリバリー対象セグメントは、前年比倍増以上の17分野に増加
* デリバリーボリュームは、前年比10倍以上に増加
* 顧客には、Macy’s、 Bloomingdale’s、Best Buy、Kohl’s、Walgreensをはじめとした小売業から、Google Express、Farfetch、The Bouqs、Platedといったマーケットプレイス企業、EC企業まで幅広い企業が参画

したという。

なお、今回の資金調達により、同社は、プロダクトの開発とマーケティングを強化し、飛躍的な成長を遂げていきたい考えだ。