米国ディープラーニングの人工知能ソリューションMetaMind、Salesforce.comに買収

米国・カリフォルニア州パロアルトを拠点にディープラーニングの人工知能(AI)ソリューションを提供するMetaMindは、米国のクラウド型顧客関係管理(CRM)ソリューションを提供するSalesforce.comに よる買収が完了した、と発表した。

metamind

米国・カリフォルニア州パロアルトを拠点にディープラーニングの人工知能(AI)ソリューションを提供するMetaMindは、4月4日、米国のクラウド型顧客関係管理(CRM)ソリューションを提供するSalesforce.comに よる買収が完了した、と発表した。

Salesforceは、2月に米国の機械学習オープンソースサーバーPredictionIOを買収しており、人工知能の分野で買収を進めている。(参照記事:機械学習のオープンソースサーバーPredictionIO、Salesforce.comに買収

MetaMindは、2014年7月、スタンフォード大学でコンピューターサイエンスを専攻したRichard Socher氏によって設立された会社。Socher氏は、もともと、人工知能を高度化することで、人々がビジネスや世界と繋がりやすくなることに関心があった。

metamind

そこで、Socher氏は、アカデミックなバックグラウンドをいかし、ディープラーニングで、意思決定の簡素化・改善・自動化を進め、効率的なビジネス支援を行うために、MetaMindを創業した。

metamaind1

MetaMindは、ディープラーニングをつかった人工知能ソリューション「AI Platform」を提供する。「AI Platform」は、テキストや画像を高精度で認識して解析できるデータ分析プラットフォームだ。

「AI Platform」の主な機能は、LanguageとVision。Languageは、自然言語解析エンジンで、財務諸表などを解析し、リスクを査定する。一方、Visionは、画像認識エンジンで、料理の写真などを認識し、画像を数万のオブジェクトに区分して解析する。

今回の買収について、MetaMindの創業者であるSocher氏は、

Salesforceは、世界の中でも革新的で影響力のあるエンタープライズソフトウェア企業のひとつです。私たちは、Salesforceの中で、Salesforceがもつリソースやエコシステムをいかし、より大きなスケールで、私たちの旅を続けることでしょう。

と述べ、さらに、今後について、

これから、MetaMindとSalesforceは、共に、カスタマーサポート、マーケティングをより自動化・よりパーソナライズ化し、そして、その他のビジネスプロセスを改善していきます。これにより、私たちは、顧客に、真のAIソリューションを提供できるでしょう。私たちは、Salesforceプラットフォームのディープラーニングとして統合され、Salesforceのデータサイエンス機能を拡張していきます。

と語り、MetaMindの技術がSalesforceのサービスに統合されることを明らかにした。これにより、MetaMindのサービスは、無課金ユーザーに対して4月4日、月額課金ユーザーに対して6月4日付けで、サービスの提供を終了する。

今回の買収によって、Salesforceは、MetaMindチームを受け入れ、MetaMindの創業者であるRichard Socher氏をチーフサインティストとして迎え入れる。