米国のVRゲーム開発Owlchemy Labs、Qualcomm・HTC・The VR Fund・コロプラネクストからシリーズAで約5億円を資金調達

米国・テキサス州オースティンのVRゲーム開発スタートアップOwlchemy Labsは、Qualcommの投資部門Qualcomm Venturesがリードで、HTC、The VR Fund、コロプラネクスト(Colopl VR Fund)などからシリーズAで500万ドル(約5億円)の資金調達を実施した、と発表した。

米国・テキサス州オースティンのVRゲーム開発スタートアップOwlchemy Labs](http://owlchemylabs.com/){: target=”_blank”}は、[8月3日、シリーズAで500万ドル(約5億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドは、Qualcommの投資部門Qualcomm Venturesがリードで、HTC、The VR Fund、コロプラネクスト(Colopl VR Fund)、Capital Factoryが参加した。The VR FundののゼネラルパートナーのMarco DeMiroz氏とTipatat Chennavasin氏は両名とも経営者出身の投資家で、さらにgumi代表取締役である國光宏尚氏もゼネラルパートナーとして参加している。

Owlchemy Labsは、2010年、Alex Schwartz氏によって設立されたゲーム開発会社。その後2013年よりVRゲーム開発に転換する。

現在、HTC VIVE向けに「Job Simulator 」提供中。「Job Simulator 」で、ユーザーは、2050年の未来、すでにロボットが人間の代わりに仕事をするようになった世界で、人間のしていた仕事を研修する。例えば、店員、シェフ、自動整備費、サラリーマンなどそれぞれのテーマに合わせ、タスクをこなしていく。基本的な動作は、手を使った操作で、物理エンジンを使ったシミュレーションゲームだ。なお、OculusとPlayStation VRにも対応予定。

また、Owlchemy Labsは、人気アニメ「Ricky and Morty」にインスピレーションを得た新作プロジェクトを開発中。

今回の資金調達によって、Owlchemy Labsは、コンテンツ開発チームを強化して、オリジナルVRソフトウェアを開発し、VRマルチプラットフォームを構築したい考えだ。