米国のSaaSベンチャーCloudistics、ベインキャピタルからシリーズAで約16億円を資金調達

米国・バージニア州レストンのSaaSベンチャー企業Cloudisticsは、Bain Capital VenturesからシリーズAで1,500万ドル(約16億円)の資金調達を実施した、と発表した。

米国・バージニア州レストンのSaaSベンチャー企業Cloudistics](https://www.cloudistics.com/){: target=”_blank”}は、[6月14日、Bain Capital VenturesからシリーズAで1,500万ドル(約16億円)の資金調達を実施した、と発表した。

Cloudisticsでは、独自の画期的なインフラ技術は、企業のIT部門が直面している開発とマネジメントに対してソリューションを提供する。Cloudisticsの技術を使えば、パブリック/プラベートクラウドにハイパーコンバージドシステムを組み込んで、これまでのデータセンターのあり方を刷新できる。

Cloudisticsは、中小企業向けに、データセンター業界において、これまでにないシンプルさを追求し、ネイティブネットワーク、ストレージ、コンピューティング、ビジュアライゼーション、マネジメントを提供する。顧客は、それぞれの利用用途やパフォーマンスに合わせて、複数のサイトやインフラを自由に拡大できる。

今回の資金調達によって、Cloudisticsは、営業、カスターサポート、マーケティング、研究開発に積極的に投資することで、「企業向けデータセンター業界においてユビキタスインフラをつくる」というビジョンを遂行していきたい考えだ。

なお、今回の資金調達で、Bain Capital VenturesのマネージングディレクターであるBen Nye氏がCloudisticsの社外取締役に就任する。