米国のBIスタートアップThoughtSpot、General Catalyst PartnersなどからシリーズCで約55億円を資金調達

米国・カリフォルニア州パロアルト拠点に、ビジネスインテリジェンス市場で検索重視のエンタープライズデータ分析プラットフォームを運営するThoughtSpotは、General Catalyst PartnersなどからシリーズCで5,000万ドル(約55億円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で資金調達額は9,000万ドル(約100億円)以上となった。

DESCRIPTION

米国・カリフォルニア州パロアルト拠点に、ビジネスインテリジェンス市場で検索重視のエンタープライズデータ分析プラットフォームを運営するThoughtSpotは、5月19日、シリーズCで5,000万ドル(約55億円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で資金調達額は9,000万ドル(約100億円)以上となった。

今回のラウンドは、General Catalyst Partnersがリードで、Geodesic Capital、既存投資家のLightspeed Ventures、Khosla Venturesが参加した。

ThoughtSpotは、2012年、Nutanixの共同創業者Ajeet Singh氏とAmit Prakash氏が設立した会社。Prakash氏は、元マイクロソフトのエンジニアで検索エンジンBingの創業時のエンジニアの一人で、その後、GoogleでAdSense Analyticsグループで技術チームを率いた技術者でもある。

ThoughtSpotでは、企業向けに高度なセキュリティとコンプライアンスに忠実な「リレーションサーチ」技術プラットフォームを運営する。ThoughtSpotのプラットフォームを利用すれば、企業は、自然言語で入力していた営業報告や支出記録などの数値データを登録でき、簡単にリレーションサーチできるようになる。

顧客には、Bed Bath & Beyond、Primary Capital Mortgage、RichRelevance、Automated Financial Systems、Collegis Education、SterlingBackcheck、Batteries Plus Bulbs、Nutanix、Hightailなどが含まれる。

今回の資金調達によって、ThoughtSpotは、採用と技術開発を強化して、グローバルで事業を拡大していきたい考えだ。