米国の風力タービンGearbox Express、約1億5,000万円の資金調達

米国・ウィスコンシン州の風力タービン会社Gearbox Expressは、150万ドル(約1億5,000万円)の資金調達を実施したことを発表した。

米国・ウィスコンシン州の風力タービン会社Gearbox Expressは、7月26日、150万ドル(約1億5,000万円)の資金調達を実施したことを発表した。

Gearbox Expressは、2011年、風力タービンのギアボックスが摩耗・故障した時に、簡単にインストールできるユーティリティの必要性を感じ、風力エネルギーのギアボックスを製造するために設立された会社。そのため、Gearbox Expressは、5〜10年で必ず修理・交換が必要な風力タービンギアボックスの生産に特化している。

Gearbox Expressの特徴は、風の条件や変数などをデータ分析する先駆的な予測技術を利用することで、現実世界における風力タービンギアボックスの耐久度をテストしている。現在、従業員数は28名で、2017年中盤までに40人まで拡大する見込み。

今回の資金調達によって、Gearbox Expressは、新規事業開発をすすめ、さらなる事業拡大を目指していきたい考えだ。