米国の従業員向けアンケートツールCulture Amp、シリーズBで約11億円調達…顧客はAirbnb、Slackなど

米国・メルボルンを拠点に従業員の満足度・忠誠心などのデータ分析プラットフォームを提供するCulture Ampは、3月7日、Index Ventures、Felicis Ventures、Blackbird VentureからシリーズBで1,000万ドル(約11億3,790万円)を調達した、と発表した。

Culture Amp

米国・メルボルンを拠点に従業員の満足度・忠誠心などのデータ分析プラットフォームを提供するCulture Ampは、3月7日、シリーズBで1,000万ドル(約11億3,790万円)を調達した、と発表した。今回のラウンドで、資金調達額は累計1,630万ドル(約18億5,331万円)となった。

今回のラウンドは、Index Venturesがリードで、Felicis VenturesとBlackbird Venturesが参加した。これにより、Index VenturesのゼネラルパートナーであるIlya Fushman氏がボードメンバーとなる。

同社は、2011年、元Rising Sun PicturesのCEOでシリアルアントレプレナーのDidier Elzinga氏、元クレディ・スイスの技術者 でシリアルアントレプレナーのJon Williams氏、元National Australia BankのDoug English氏、元National Australia BankのRod Hamilton氏によって設立された会社。チームメンバーは、心理学、統計、ユーザーエクスペリエンス、エンジニアリングのプロが集まる。

本拠地は米国・メルボルン。その他に、米国国内ではサンフランシスコ、ニューヨークに拠点もつ。さらに、今月(3月)より英国・ロンドンに新オフィスをかまえた。

同社は、企業向けに、社内文化・ライフサイクル・パフォーマンス・パルス・スペシャライズの5タイプの従業員のアンケート結果をもとに従業員と企業の状況を一元管理できる、シンプルで使いやすいプラットフォームを提供する。

社内文化アンケートでは、企業のアイデンティティー、成長、持続可能性などがわかるアンケートをもとに、企業の社内文化浸透度合いと健康度合いを確認できる。

culture-1

ライフサイクルアンケートは、従業員の勤務状態や心理状況がわかる内容で、従業員のキャリア形成の改善ができるようになる。

lifecycle-1

パーフォマンスアンケートでは、マネージャー・チーム・個人の3段階のレベルでそれぞれの従業員のパフォーマンス結果をアンケートをもとにみることができる。

パルスアンケートでは、アンケートとアンケートの間の状況をトラッキングすることができる。これにより、四半期毎など定期的に連続したデータとして社内で管理することができる。

pulse-1

スペシャライズアンケートは、所属変更・リストラ・ボランティア活動など企業の組織文化に影響を与える様々なイベントやマイルストーンに対応している。

また、同社の顧客には、Airbnb、Etsy、Eventbrite、Pinterest、 Warby Parker、Greenhouse、Slack、Namely、Lyft、Box、Yelpなどで、数多くのIT企業が愛用する。

CultureAmp_1

今回の資金調達により、同社は、新しく高度な分析機能を開発・リリースし、さらに、英国・ロンドンの支店を拠点に、英国とヨーロッパでの事業展開を進めていきたい考えだ。