米国のデジタルヘルスケア企業AristaMD、シリーズAで約11億円を資金調達

米国・カリフォルニア州サンディエゴのデジタルヘルスケア企業AristaMDは、Avalon VenturesなどからシリーズAで1,100万ドル(約11億円)の資金調達を実施した、と発表した。

米国・カリフォルニア州サンディエゴのデジタルヘルスケア企業AristaMD](http://www.aristamd.com/){: target=”_blank”}は、[7月21日、シリーズAで1,100万ドル(約11億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドには、Avalon Venturesがリードで、Correlation Venturesが参加した。

AristaMDは、Rebecca Cofinas氏によって設立された会社。AristaMDではリファラル・インテリジェンス・プラットフォームを提供している。

同プラットフォームは、カリフォニア大学サンフランシスコ校(UCSF)から独占的にライセンス契約を締結した包括的なリファラル・ワークアップ・チェックリストと電子コンサルタント(eConsult)プラットフォームからできている。クライアントは、田舎の小さなプロバイダーから大都市の保険関連システム企業まで幅広い。

今回の資金調達によって、AristaMDは、商用化に向けて事業開発を進めていきたい考えだ。