米トリップアドバイザー、ニューヨークのソーシャルマッピングプラットフォーム「Citymaps」を買収

旅の計画から予約までをサポートする世界最大の旅行サイト「TripAdvisor」は、米国・ニューヨークのソーシャルマッピングプラットフォーム「Citymaps」を買収した、と発表した。今回の買収で、買収契約の詳細については明らかにされていない。

旅の計画から予約までをサポートする世界最大の旅行サイト「TripAdvisor」は、8月24日、米国・ニューヨークのソーシャルマッピングプラットフォーム「Citymaps」を買収した、と発表した。今回の買収で、買収契約の詳細については明らかにされていない。

今回の買収で、TripAdvisorは、既存のマッピング機能を向上させていきたい狙いがある。

Citymapsは、2010年、Elliot Cohen氏とAaron Rudenstine氏によって共同創業された会社。これまで1億2,000万ドル(約120億円)の資金調達を実施している。

なお、今回の買収以降も、Citymapsは単独事業として運営される予定。