空色が伊藤忠商事、ベルシステム24、NTTデータと資本業務提携…創業応援ファンドからも資金調達

株式会社空色は、伊藤忠商事株式会社、株式会社ベルシステム24ホールディングス、株式会社NTTデータ、SI創業応援ファンド投資事業有限責任組合の4社を引受先とした第三者割当増資により、資金調達を実施するとともに、業務提携を開始したことを発表。

株式会社空色は、10月7日、伊藤忠商事株式会社、株式会社ベルシステム24ホールディングス、株式会社NTTデータ、SI創業応援ファンド投資事業有限責任組合の4社を引受先とした第三者割当増資により、資金調達を実施するとともに、業務提携を開始したことを発表。

空色は、対話型チャットシステムを利用したWeb接客サービス「OK SKY」をEC事業者、主にアパレル業界向けに提供する。

「OK SKY」では、受付などの購買プロセスの初期段階はAIが自動で応対を行い、その後商品に精通したオペレーターがきめ細かい応対で購買意思決定などの最終段階まで誘導する。これにより、従来の固定されたインタフェースと異なり顧客ごとに最適化した接客が提供され、結果、商品購入、問い合わせの実施、実店舗への送客などのコンバージョン率を大幅に高めることができる。

今後、空色では、伊藤忠商事、ベルシステム24、NTTデータ3社と協力し、販路拡大を進めていく。

具体的には、伊藤忠商事とは、アジア圏におけるネットワークを活用しWeb接客が浸透する中国を中心とするアジア市場で「OK SKY」を販売し、Web接客の自動化を進める。

ベルシステム24とは、保有するコンタクトセンター内に「OK SKY」を導入し、蓄積された業種毎のオペレーション力と人材育成ノウハウに、空色の持つセールスプロセス設計力を融合し、幅広い業界でのセールス業務受託の拡大を進める。

NTTデータとは、オムニチャネル基盤として展開する高付加価値サービスとの組み合わせにより同社顧客への販売拡大を目指すと共に、NTTグループのAI関連技術との連携など技術面での強化も進めていく。

なお、SI創業応援ファンド投資事業有限責任組合を引受先とした増資を実施したことで、空色は、池田泉州銀行グループや阪急電鉄、南海電気鉄道のネットワークなど、各社の強みを生かしたシナジー効果を最大限に発揮していきたい考えだ。