知育玩具の定額キュレーションレンタルの「トイサブ!」、公募第三者割当増資で資金調達

トラーナは、知育玩具・おもちゃの定額制キュレーションレンタルサービスである「トイサブ!」の運営において、一般・会員からの株主募集を終了し、15名の株主候補者である「株オーナー」に対し、第三者割当増資を行うことを決定した、と発表。

トラーナは、知育玩具・おもちゃの定額制キュレーションレンタルサービスである「トイサブ!」の運営において、一般・会員からの株主募集を終了し、15名の株主候補者である「株オーナー」に対し、第三者割当増資を行うことを決定した、と発表

これにより、「トイサブ!」の認知度の拡大を目指すとともに、サービスを向上させることで、日本国内の0〜3歳の子供を持つ家族が抱える、子供へのおもちゃを使った教育、おもちゃの与え方に対する課題を解決していきたい考えだ。

「トイサブ!」は、これまでIT企業出身の志田典道氏とベビートイ・インストラクターの2名で運営おり、コンシューマー・マーケティング、財務会計、経営戦略、物流などのノウハウをもつ高度な人材の確保に苦労していた。一方、「トイサブ!」の会員には、高度な知見を持つ人が多かった。

そこで、今回、外部の知見を得るために、Webによる一般公募も含め「株オーナー制度」を設け、株主を公募したという。今後、株主は、経営及びその他領域のアドバイザーとして参画する。

なお、株オーナー制度とは、一般・会員が株式割当で出資し、運営チームと株オーナーが共に会社の価値を高めるべく協働していく仕組みとのこと。