消える系SNSは「Snapchat」から「SNOW」に乗り換え…次のトレンドは「Instagram Stories」へ

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『エフェメラル(消える)系SNS利用実態調査』の結果を発表した。今回の調査は、スマートフォンを所有する20歳~49歳の男女2,212名を対象。

株式会社ジャストシステムは、本日(10月19日)、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「エフェメラル(消える)系SNS利用実態調査」の結果を発表した。今回の調査は、スマートフォンを所有する20歳~49歳の男女2,212名を対象。

### 「消える系SNS」の認知率は、20代で約5割、30代では約4割

投稿したメッセージや動画などが一定時間を経過すると消えてしまう「消える系SNS」について、42.0%の人が「知っている」と答えた。認知率を年代別に見ると、20代が48.7%と最も多く、次いで30代が38.3%、40代が35.9%となった。

### 「消える系SNS」は「Snapchat」から「SNOW」へ乗り換え

「消える系SNS」の利用アプリは、前回調査(2016年3月調査)では、利用率1位が「Snapchat」だったが、今回実施の調査では「Snapchat」に代わり、「SNOW」が1位となった(56.1%)。

### 4割以上がほぼ毎日「消える系SNS」を利用

また「消える系SNS」利用者のうち、42.0%が「ほぼ毎日利用している」ことがわかった。年代別に見ると、特に20代は47.5%とほぼ半分近く、30代でも37.8%と4割近くがほぼ毎日利用している、という結果になった。

### 7割以上が、「消える系SNS」の写真を他のSNSへ投稿

さらに、「消えるSNS」アプリで自分が撮影した写真を「ほぼ毎回、他のSNSに投稿している」人は38.9%、「写真の内容によって、他のSNSに投稿することもある」人は32.5%で、合わせて71.4%が「消えるSNS」アプリで撮影したにもかかわらず、他SNSにも投稿していることもわかった。

### 「Snapchat」利用者の約3割が「Instagram Stories」に乗り換え検討

最後に、今回の調査では、「Snapchat」利用者のうち、27.4%が「Instagram Stories」、25.0%が「SNOW」を、今後、「Snapchat」から乗り換えて「消える系SNS」をメインとして利用していきたいと考えている、という。