海外旅行時のポイントサービス利用意向まとめ

今回、Pedia Newsでは、株式会社ロイヤリティ マーケティングが調査した「第18回Ponta消費意識調査(2016年8月)」から「海外旅行時のポイントサービス利用意向まとめ」を紹介する。「海外旅行時のポイントサービス利用意向」については、「利用してみたい人」が全体の60%を超える結果となった。

共通ポイントサービス「Ponta」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングは、8月26日、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第18回Ponta消費意識調査(2016年8月)」を実施し、その結果を発表した。

### 第18回Ponta消費意識調査(2016年8月)

#### 調査概要

* 調査方法: インターネット調査
* 調査期間: 2016年8月3日(水)~ 8月5日(金)
* パネル : 「Pontaリサーチ」会員(Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録者)
* 回答者数: 3,000人 男性、女性×年代別(20・30・40・50・60代以上)の各10セルで300サンプル。回答は小数点第2位を四捨五入

### 海外旅行時のポイントサービス利用意向

#### 「利用してみたい人」が全体の約60%

「海外旅行時のポイントサービス利用意向」については、「利用してみたい人」が全体の60%を超える結果となった。

#### 20〜30代女性は70%以上が使いたい

特に、20〜30代女性の利用意向が高く、20代女性が72.7%、30代が72.3%で、70%以上となった。

### 消費者意識調査

#### 「節約したい人」が全体の約70%

また消費者の家計の支出に対する意識調査を調べてみると、「節約したい」が6月の63.0%から4.5ポイント増の67.5%と上回った。これより、消費者の節約志向が強いことがわかる。

#### 約1万6,000円を節約したい

それでは、具体的にどの程度節約したいのだろうか。家計の支出をどれくらい節約したいかを調べてみると、平均額は1万6,241.9円となった。

これは、2014年4月から比較してみると、2014年4月が1万1,028.3円だったのに対し、2014年6月以降1万5,000円以上が続いている。

#### 世帯年収別の節約したい平均額は?

また、世帯年収別の節約したい平均額は、200万円未満が1万3,278.3円、200〜400万円未満が1万4,992.0円、400〜600万円未満が1万5,968.1円、600〜900万円未満が1,6331.6円、800〜1,000万円未満が1,7963.7円、1,000万円以上が2万841.3円となった。

### 「Ponta」の利用意向

#### 40%以上が「Ponta」を使いたい

最後に、「Ponta」の利用意向を見よう。Pontaポイントを「使いたい」は全体の41.3%となり、2015年2月以降、40%以上を維持し、推移していることがわかった。