法人向け電力切り替えサービス「エネチェンジBiz」を運営するエネチェンジ、みずほキャピタルから資金調達

電力比較サイト「エネチェンジ」、法人向け電力切り替えサービス「エネチェンジBiz」を運営するエネチェンジ株式会社は、みずほキャピタル株式会社が運営するファンドを割当先とする総額5,000万円の第三者割当増資を実施した。


電力比較サイト「エネチェンジ」、法人向け電力切り替えサービス「エネチェンジBiz」を運営するエネチェンジ株式会社は、みずほキャピタル株式会社が運営するファンドを割当先とする総額5,000万円の第三者割当増資を実施したことを発表

今回の資金調達で、2017年1月に発表した、株式会社オプトベンチャーズ、IMJ Investment Partners Japan の各社が運営するファンドを引受先とする総額5億円の第三者割当増資と合計して、総額5.5億円の資金調達の実施となった。

エネチェンジBizは、高圧法人(主に高圧小口と言われる契約電力量が50kW以上500kW未満)を対象に、電力会社の一括見積サービスを提供する会社。電気代見直しサイトNo.1実績を持つ「エネチェンジ」ならではの、経験豊富な専任スタッフによるサポート体制と、全国に広がる提携電力会社とのネットワークを活かし、無料で簡単、かつスピーディーに電力会社の切り替えをサポートする。

高圧電力市場は、新電力の販売シェアが低圧部門自由化後の約3か月で平均10%に達成するなど、順調に切り替えが進んでおり、中でも北海道、関東、関西における販売シェアは20%を超えるなど、特に顕著な上昇がみられる。これに伴い、エネチェンジBizの累計相談実績も8,000件を突破。年明けからは、関西エリアでテレビCMも実施している。

今回の資金調達によって、エネチェンジは、事業拡大を進めていきたい考えだ。