”気持ち”を届ける新感覚コミュニケーションアプリ「Emotion」がリリース

Emotion, Inc.(エモーション)は、本日、”気持ち”に焦点を置いた新しいコミュニケーションアプリ「Emotion」のiPhoneアプリをリリースしたことを発表。

Emotion, Inc.(エモーション)は、本日(9月28日)、”気持ち”に焦点を置いた新しいコミュニケーションアプリ「Emotion」のiPhoneアプリをリリースしたことを発表。

「Emotion」は、日常の些細なことや湧き出た気持ちを、ありのまま表現し、友人と気軽に”気持ち”を贈り合うことで密度の高いコミュニケーションの実現を可能にする、新感覚のコミュニケーションアプリ。

「Emotion」を利用すると、ユーザーは、ホーム画面で友人から贈られてきた様々な”気持ち”を確認できる。

「Emotion」のコミュニケーション方法は、一方通行性の高いメールや手紙をより簡易化したものだという。日常友達と話している時のように気兼ねなくやり取りができるのが魅力のひとつだ。いわば、ホーム画面は”郵便箱”のような空間だ。

また「Emotion」は、親しい友人と使うことを想定したサービスとなっているためクローズドなプラットフォームでもある。

ネットワーク画面では、自分の周りの親しい友人たちの関係を視覚化することで、より周りの友人関係を実感し、”つながり”をより感じ取れる。そのため、周りを気にせず安心して大切な友人とコミュニケーション体験が共有できる。

今後、Emotionでは、インターネットが主流となっている今だからこそ、「現代に合ったコミュニケーションの方法とは何なのか?」「個人が生きやすいコミュニケーション方法とは何なのか?」という課題に立ち向かい、人と人とのつながりを深めることに注力し、”気持ち”を届けるという点でインターネット上の郵便屋さんになれるようなサービスにしていきたい考えだ。

なお、新たなコミュニケーション手段も次々と更新していく予定。