民間では日本初の月着陸船による「月周回」と「月面着陸」を目指す株式会社ispace、資金調達を実施。資金調達総額はシリーズAで101.5 億円に。

株式会社ispaceが産業革新機構、日本政策投資銀行、東京放送ホールディングス、コニカミノルタ、清水建設、スズキ、電通、リアルテックファンド、KDDI、日本航空、凸版印刷を引受先とする第三者割当増資を実施。

2017年12月13日(水)に株式会社ispaceが産業革新機構、日本政策投資銀行、東京放送ホールディングス、コニカミノルタ、清水建設、スズキ、電通、リアルテックファンド、KDDI、日本航空、凸版印刷を引受先とする第三者割当増資を実施。

近く予定しているスパークス・グループからの追加投資と合わせ、これまでの資金調達総額は101.5億円となるとのこと。

この資金調達で月着陸船による「月周回」と「月面着陸」の2つの月探査ミッションを開始する。
ispaceによるとこれは民間では日本初となるプロジェクトとのこと。

ispaceは独自で開発する月着陸船は2020年末までに2回打ち上げる予定。
Mission1として2019年末頃に月周回軌道へ投入して軌道上からの月探査を、Mission 2として2020年末頃に月面に軟着陸して月面探査ローバーで月面探査を行う。

株式会社ispace

http://ispace-inc.com/jpn

「Expand our planet. Expand our future. ~人類の生活圏を宇宙に広げ、持続性のある世界へ~」をビジョンに掲げ、月面資源開発に取り組んでいる宇宙スタートアップ企業。
JAXA、ルクセンブルク政府とも月資源開発で連携。日本、ルクセンブルク、アメリカの3拠点で活動。日本から唯一月面探査レースに参加するチーム「HAKUTO」の運営を行っている。