楽天、保険代理店アンセルインシュアランスを子会社化

楽天は、生命保険の募集に関する業務および損害保険代理店業務を展開するアンセルインシュアランスの全株式を取得する株式譲渡契約を締結。

楽天は、11月21日、生命保険の募集に関する業務および損害保険代理店業務を展開するアンセルインシュアランスの全株式を取得する株式譲渡契約を締結。

アンセルは、中小法人向け保険商品の提案を主な事業領域とする対面販売型の乗合代理店。複数の保険会社と代理店契約を結び、全国でビジネス展開を行う。中小法人への「保険を活用したリスクマネジメント提案」に関して、優れたコンサルティング力を有しているのが特長だ。なお、2016年8月末時点で売上高15億円。

楽天グループでは、これまで楽天生命保険と楽天インシュアランスプランニングを通じ、主に個人向けに様々な生命保険・損害保険を提供してきた。

今回の子会社化によって、中小法人の事業保障に関わる要望に応えることが可能となり、従来よりも幅広い保険サービスを提供できるようになる。