東急電鉄とポケカル、資本業務提携契約を締結

東京急行電鉄(東急電鉄)とポケカルは、東急線沿線の観光資源を中心とした体験型ツアーの企画や、東急グループの経営資源を活用した旅行商品の販売強化を目的に、資本業務提携契約を締結した、と発表した。なお、東急電鉄とポケカルは、本年から東急線沿線や東急グループの施設を巡るツアーの共同開発を開始している。

東京急行電鉄(東急電鉄)とポケカルは、東急線沿線の観光資源を中心とした体験型ツアーの企画や、東急グループの経営資源を活用した旅行商品の販売強化を目的に、資本業務提携契約を締結した、と発表した。なお、東急電鉄とポケカルは、本年から東急線沿線や東急グループの施設を巡るツアーの共同開発を開始している。

ポケカルは、首都圏を中心に日帰りの体験型ツアーなどを企画・販売する旅行系イベント会社。現地集合・現地解散を基本とする旅行商品を、月間約200コース造成し、提供する。

今回の提携により、東急電鉄は、東急線沿線や、その他の東急グループの拠点における観光資源を、ポケカルの強みである商品造成力や35万人の顧客基盤を生かし、「日帰りに特化した多岐にわたる体験型観光ツアー」として共同で企画・販売し、観光価値を高める狙いがある。一方ポケカルは、東急グループとの連携による商品の強化や、豊富な顧客接点を活用し、今後インバウンドを含む販路・顧客層の拡大を図るなど、更なる事業の拡大を目指したい考えだ。