東京海上日動火災保険株式会社、物流倉庫シェアリングサービスを提供するスタートアップsoucoに包括保険を提供開始

soucoと東京海上日動火災保険は、soucoが展開する物流倉庫のシェアリングサービス『souco』に、東京海上日動の企業財産包括保険を自動付帯した補償サービスの提供を2017年7月より開始することを発表した。


soucoと東京海上日動火災保険は、soucoが展開する物流倉庫のシェアリングサービス『souco』に、東京海上日動の企業財産包括保険を自動付帯した補償サービスの提供を2017年7月より開始することを発表した。

今回の企業財産包括保険では、同社サービスの利用事業者が利用倉庫に保管している貨物に対する火災・爆発等に起因する損害を補償するだけでなく、賃貸借契約を締結するsoucoの物流施設提供者に対する賠償リスクについても包括的に補償するという。

これによりsoucoは、倉庫提供側にも、倉庫利用側にも、より安心かつ、スムーズにsoucoのサービスを利用できるものとして、提供側、利用者側双方のサービス利用拡大を目指していきたい考えだ。

変動が大きい物流業界において、必要な分だけ必要な時に、物流サービスを調達したいと言うサービスのニーズは大きいと考えています。ただし、倉庫に置いてはジャストフィットする保険商品がありませんでした。今回、借りてる期間、保管物の在庫価格に応じて保険料を支払えば良い仕組みが実現した事は、大変画期的です。これにより、サービスを利用されるお客様に無駄なくかつ安心してご利用頂けます。

今後も、より滑らなかに、より安心してご利用頂けるようサービスを、拡充して行く所存です。(souco 代表 中原久根人氏)