日本初の宿泊予約権利売買サービスCansell、エリア・施設名検索と泊まってみたいホテル出品情報の即時受取が可能に

日本初の宿泊予約権利売買サービス「Cansell」を提供するCansell株式会社は、より日本全国のエリア名・ホテル名・旅館名から検索する機能と、泊まってみたいホテルを登録する機能を新しく追加した。


日本初の宿泊予約権利売買サービス「Cansell」を提供するCansell株式会社は、より日本全国のエリア名・ホテル名・旅館名から検索する機能と、泊まってみたいホテルを登録する機能を新しく追加した。

Cansellは、お客様が宿泊予約の権利を売ることでキャンセル料を節約でき、その権利を購入するお客様も定価より低い価格でお得に取引できるサービス。宿泊施設の予約をしている人(出品者)の宿泊情報(宿泊施設名、期間、値段等)をサイトで紹介し、その宿泊施設に泊まりたい人(購入者)に販売・譲渡できる。これにより、出品者は、支払うべきキャンセル料支払い額が軽減され、購入者はお得に宿泊施設を予約することが可能になる一方、ホテル側は、空くはずだった部屋を稼働させることができる。また、

2017年1月には、ホテルの詳細情報が見れる「ホテルページ」を実装。今回の新機能では、Cansell サイトトップ画面から、全国のホテル・旅館名でホテルページ内のホテルを検索することや、都道府県・地域名から宿泊施設の検索をすることができるようになったという。

また、泊まってみたいホテルを登録する機能も追加。これにより、追加したホテルは「泊まってみたい」ページにて一覧で確認でき、またそのホテル予約が出品された時は、メールで出品情報を即時受け取ることができるようになったとのこと。