日本初のフリマアプリ「フリル」のFablic、楽天による子会社化を発表

スマートフォンで個人間の売買取引ができるフリマ(フリーマーケット)アプリ「フリル」を提供する株式会社Fablicは、本日、楽天株式会社による発行済全株式の取得を通じ、楽天グループの完全子会社となったことを発表した。なお、株式取得額は非公開。

スマートフォンで個人間の売買取引ができるフリマ(フリーマーケット)アプリ「フリル」を提供する株式会社Fablicは、本日(9月5日)、楽天株式会社による発行済全株式の取得を通じ、楽天グループの完全子会社となったことを発表した。なお、株式取得額は非公開。

「フリル」は、2012年7月に日本初のフリマアプリとしてサービスを開始。現在、アプリダウンロード数は累計500万以上。

一方、楽天は、2014年11 月よりスマートフォンでの利用を中心としたフリマアプリ「ラクマ」を提供しており、流通総額を急拡大させている。

今回の子会社を通じて、Fablicと楽天の両社は、それぞれの顧客基盤や各サービスの強みを生かした様々な連携を進める。

具体的には、「フリル」においても「ラクマ」と同様に、楽天会員IDによるログインを可能にしたり、「楽天スーパーポイント」を活用したポイントキャンペーンを実施したりする予定。これにより、「フリル」ユーザーの利便性が向上するとともに、楽天グループ全体のユーザー層が広がり「楽天経済圏」の拡大に寄与したい考えだ。