日本中のお祭りを救う「お祭りWEBプラットフォーム」を開発する、オマツリジャパンが資金調達

お祭りを通して日本を盛り上げる「オマツリジャパン」は、キリンホールディングス、第一勧業信用組合の運営するかんしん未来ファンド、SHIFT代表取締役の丹下大氏が運営するMSERRT、シリコンバレー投資家の鈴木陽三氏、ゼロワンブースターを引受先とした第三者割当増資により、資金調達を実施した、と発表した。

お祭りを通して日本を盛り上げる「オマツリジャパン」は、キリンホールディングス、第一勧業信用組合の運営するかんしん未来ファンド、SHIFT代表取締役の丹下大氏が運営するMSERRT、シリコンバレー投資家の鈴木陽三氏、ゼロワンブースターを引受先とした第三者割当増資により、資金調達を実施した、と発表した。

オマツリジャパンは世界初のお祭り専門会社。①お祭りの企画運営やコンサルティング、②参加できるお祭りに行くツアーの企画(外国人向け含む)、③お祭りをポータルサイトで紹介するなどの活動を通して、お祭りで日本を盛り上げることを目標に、地域活性化に貢献していきたい考えだ。

「オマツリジャパンリーダーズ」はお祭り主催者の抱える問題(人、物、金、アイディアなど)を総合的に解決するwebプラットフォームサービス。よりお祭りを、安く、早く、簡単に運営できるようになり、お祭りの活性化による地域活性化を進めることが可能。

今回の資金調達によって、営業・開発・経営基盤を強化し、お祭り主催者向けWEBプラットフォーム事業「オマツリジャパンリーダーズ」の展開・構築により「お祭りで日本を盛り上げる」ことを目指す。

具体的には、各社それぞれが持つ経営リソースも同時に組み合わせ、「オマツリジャパンリーダーズ」に「広報」「申請書類作成」「機材レンタル斡旋」「楽々デザイン制作」「お祭り保険」「パフォーマー紹介」など、主催者が必要としている機能を拡充させると共に、日本中のお祭り主催者に周知・利用してもらうことに注力するという。