新卒・中途採用支援システム「HITO-Link」とクラウド労務ソフト「SmartHR」が連携開始

総合人材サービス・パーソルグループのインテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)が提供する新卒・中途採用支援システム「HITO-Link」と、KUFUが提供する社会保険や雇用保険の手続きを自動化するクラウド労務ソフト「SmartHR」は、業務提携を行い、システム連携を開始する。


総合人材サービス・パーソルグループのインテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)が提供する新卒・中途採用支援システム「HITO-Link](http://www.ibs.inte.co.jp/hito-link/){: target=”_blank”}」と、KUFUが提供する社会保険や雇用保険の手続きを自動化するクラウド労務ソフト「[SmartHR」は、本日(2月15日)より業務提携を行い、システム連携を開始する。

今回の業務連携を通じて、「HITO-Link」および「SmartHR」を導入する企業は、「HITO-Link」上から、入社者の履歴書・職務経歴書等を含む入社者情報をワンクリックで「SmartHR」に登録できる。

具体的には、「HITO-Link」に登録されている入社者の個人情報だけでなく、ファイルデータで格納されている履歴書や職務経歴書等の書類もワンクリックで簡単に「SmartHR」に送ることができる。そのため、これまで手間のかかっていたファイルのスキャンやダウンロード、アップロード等の作業を行うことなく、簡単にデータの受け渡しが可能。さらに、入社者情報を一括で複数名登録できるので、入社者が多い時期のデータの受け渡しも効率的に行える。

これにより、採用担当者から労務担当者へのデータの受け渡しが、効率的で、よりセキュアな方法で実施できるようになる。

今後、両社は、IBSが持つ様々な人事向けシステムと「SmartHR」において、ユーザーの利便性を高められるよう、サービス連携を推進していく予定。