市場規模360兆円 へ挑む!英国生まれの「体験版Uber」高級レストラン予約VelocityがシリーズBで約23億円を資金調達

英国・ロンドン生まれの高級レストラン予約プラットフォーム「Velocity」は、DIG InvestmentsなどからシリーズBで2,250万ドル(約23億円)の資金調達を実施した、と発表した。Velocityは、3兆5,000億ドル(約360兆円)とも呼ばれるレストラン業界で存在感を強めている。

英国・ロンドン生まれの高級レストラン予約プラットフォーム「Velocity」は、8月30日、シリーズBで2,250万ドル(約23億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドは、DIG Investmentsがリードで、Starwood Hotels Groupの創業者Barry Sternlicht氏、世界最大のコンシェルジュ企業John Paulが参加した。

Velocityは、2014年、Zia Yusuf氏とAlex Macdonald氏によって設立された会社。設立当初は英国・ロンドンを拠点に活動していたが、現在は米国・ニューヨークに本拠地を移している。

Velocityでは、厳選された高級レストランを簡単にオンライン予約できるサービスを提供する。待ち時間の長い大人気の高級レストランを網羅しているので、時間を有効活用しながら食事を楽しめる。

また、Velocityは、2015年夏には、シリーズAで1,600万ドル(約17億円)の資金調達を実施している。直近12か月で、予約数は800%以上で成長中。

さらに、Velocityは、ダイニングモバイル決済アプリ「Cover」「Tab Payments」、英国のレストラン予約アプリ「Uncover」を買収しており、3兆5,000億ドル(約360兆円)とも呼ばれるレストラン業界で存在感を強めている。

なお、Velocityは、2020年までに29都市まで事業提供地域を拡大する予定。