工業用資材の価格検索サイト「Aperza」が日本から世界へ挑む!米最大規模の電子部品・半導体の検索エンジン会社Octopartと連携

製造業向けに特化したインターネットサービスを運営する、アペルザは、電子部品および半導体の検索エンジンを提供する、米Octopartのメディアネットワーク「Octomyze」と提携することを発表した。「Aperza」は、工業用の間接材に特化した価格検索サイト。最適な購買先を見つけられることから「製造業版の価格.com」とも言われる。

製造業向けに特化したインターネットサービスを運営する、アペルザは、本日(1月23日)、電子部品および半導体の検索エンジンを提供する、米Octopartのメディアネットワーク「Octomyze」と提携することを発表した。

これにより、アペルザが運営する工業用資材の価格検索サイト「Aperza」にOctopartが保有する製品情報や販売情報などのデータ掲載を開始する。

「Aperza」は、工業用の間接材に特化した価格検索サイト。最適な購買先を見つけられることから「製造業版の価格.com」とも言われる。

「Aperza」では、間接材メーカーの製品情報を収集してデータベース化し、そこに販売商社から収集した販売情報(価格や在庫、納期情報など)を加えており、調達購買の際の「探す手間」を大幅に削減できる。

一方、電子部品や半導体といった製品は、Eコマースとの親和性も高く、「Aperza」でもアクセス数で上位に位置づけられる製品分類のひとつ。

今回、米国でも最大規模のデータベースを保有するOctopartとの提携および「Octomyze Audience Network」に参画することで、Aperzaの電子部品・半導体に関する製品情報は網羅性が一段と高まる。

なお、今後、アペルザでは、データ連携のみならず、Octopartとの情報共有を通じて、Aperza利用ユーザーの満足度向上に取り組む姿勢だ。

**Octopart社とは長期間にわたり交渉を続け、多くの調整の後、ようやく提携することができました。この提携は、我々のグローバル戦略の一貫でもあります。電子部品は日本勢が強い領域なので、特に注力していきたいと考えています。**(株式会社アペルザ 代表取締役社長 石原誠氏)