寺田倉庫、サマリーに約2億円出資

寺田倉庫は、3月17日、株式会社サマリーが実施した第三者割当増資を引き受け、約2億円の出資を実施した、と発表した。

Sumally1

寺田倉庫は、3月17日、株式会社サマリーが実施した第三者割当増資を引き受け、約2億円の出資を実施した、と発表した。

寺田倉庫は、クラウド収納サービス「minikura」を運営している。「minikura」は、保管とウェブが融合した業界初のお預かりサービスだ。

Sumally2

ユーザーは、「minikura」を利用すると、専⽤のダンボールにモノを詰めて送るだけで荷物を預けられる。預けたモノは、専⾨スタッフが丁寧に1点ずつ写真撮影する。これにより、ユーザーは、ウェブ上で⼿軽に管理し、画像を⾒れるようになる。さらに、⾐類などはオプションサービスでクリーニングを頼むこともでき、オークションサービスでの出品やコミュニティサイトへの投稿も簡単にできる。なお、「minikura」の機能を切り出したシステム「minikura API」を様々な企業に提供している。

Sumally3

また、同社は、これまでにスタートアップ企業の事業支援を積極的に行っており、株式会社エアークローゼットや株式会社VONOVO、ART STAND株式会社に出資を行っている。

一方、サマリーは、スマートフォンから、今まで知らなかったモノを発見することができる新しい形のSNS「Sumally」と自分の持ち物をレンタルスペースに預けることのできるサービス「Sumally Pocket」を運営する会社。

「Sumally」は、モノの情報をベースに、「何を持っていて(have)」・「何が欲しいのか(want)」というふたつの概念に基づきユーザー間のコミュニケーションをはかることで、自分とセンスの近い人と出会い、今まで知らなかったモノを発見すできるSNS。

Sumally4

ユーザーは、まだ知らない「欲しい」モノを見つけたり、「持っている」⼈から買ったり、他の「欲しい」⼈に売ったりとモノの楽しみ⽅を無限に広げることができる。

「Sumally Pocket」は、スマホアプリから自分の持ち物をレンタルスペースに預けることのできるサービス。アプリ上で書籍や衣類など預けるアイテムの種類に合わせて段ボール送付を依頼し、到着次第アイテムを詰め、集荷を依頼する。倉庫に届いたアイテムをスタッフが1点1点写真撮影し、撮影が完了し次第、アプリ上で閲覧・管理できるようになる。

Sumally0

必要になったアイテムは段ボール箱ごと、またはアイテム1点単位で取り出せ、「Sumally」上でアイテムを公開することもできる。

今回の資金調達で、寺田倉庫はあらゆる側面から事業拡大支援を行い、サマリーは新機能の開発やプロモーションを強化し、さらなるサービスの拡充を目指す。