富国生命、「IBM Watson」を給付金等の支払査定業務に活用 業務処理負担30%削減へ

富国生命は、日本アイ・ビー・エムの支援により、給付金等の支払査定業務に「IBM Watson Explorer」を導入し「診断書査定自動コード化システム」を構築、2017年1月より稼働を開始すると発表した。富国生命では、既に「IBM Watson Explorer」をお客さまの声の分析に導入し、苦情分析、対応等に活用している。

富国生命は、日本アイ・ビー・エムの支援により、給付金等の支払査定業務に「IBM Watson Explorer」を導入し「診断書査定自動コード化システム」を構築、2017年1月より稼働を開始すると発表した。富国生命では、既に「IBM Watson Explorer」を顧客の声の分析に導入し、苦情分析、対応等に活用している。

「IBM Watson Explorer」を利用した「診断書査定自動コード化システム」は、診断書等から、疾病、災害、手術等の判別・分類等を自動で行いコード化するもの。給付金等の請求時に提出された診断書等に記載された傷病名、手術名を正しく認識し、該当するコードを提示することで人的査定を支援する。具体的には、診断書の経過欄等に記載されたデータから、支払事由に該当するキーワードを抽出し、前後の文脈を判断して入退院日や手術日などの日付情報を自動抽出するなどして、支払漏れ等を防止する機能も実装。また、過去の支払査定の履歴を学習することにより査定業務担当者の経験やノウハウを継承。さらに、導入後は担当者による最終的な査定結果を継続的に反映させることにより精度が向上していく。

これにより、給付金等支払査定業務で、支払いまでの迅速化、及び業務の効率化を実現していきたい考えだ。なお、業務処理の負担を30%程度削減できると見込む。今後は、給付金等支払査定の検証作業においても同システムの導入を予定。