女性専用オンライン・カウンセリングサービス「ボイスマルシェ」、SMBCキャピタル・みずほキャピタル・三生キャピタルから資金調達

女性専用のオンライン・カウンセリングサービス「ボイスマルシェ」を運営する株式会社バーニャカウダは、本日(11月1日)、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、三生キャピタル株式会社がそれぞれ運営するファンドを割当先とする第三者割当増資を実施したと発表。

女性専用のオンライン・カウンセリングサービス「ボイスマルシェ」を運営する株式会社バーニャカウダは、本日(11月1日)、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、三生キャピタル株式会社がそれぞれ運営するファンドを割当先とする第三者割当増資を実施したと発表。

「ボイスマルシェ」は、2012年3月に開始した、女性専用のオンライン・カウンセリングサービス。心理カウンセラーやキャリアコンサルタント、コーチ等の専門家による個人カウンセリングを、エンドユーザーが自宅などの好きな場所から、かつ個人情報を専門カウンセラーには一切非公開のまま電話で利用することができる。現在、参加カウンセラーは500名以上の規模となり、即時予約などに対応したオンライン・カウンセリングプラットフォームとしては日本最大級だ。

「ボイスマルシェforビジネス」は、従業員向けの福利厚生として、企業が窓口となって契約をし、クローズドの専用サイトからその企業の従業員が専門家を予約・相談できるサービス。男性従業員も利用できること、企業ごとに予約できる専門家をカスタマイズできることが特長で、すでに株式会社ルミネなどで導入されている。

今回の資金調達によって、エンドユーザー向けのサービス強化、企業の従業員向け福利厚生サービス営業強化、人員採用、経営基盤の強化を進める考えだ。