商業施設や百貨店のリアル店舗情報をチェックできる「NEARLY」導入対象エリアを全国12大都市へ拡大

株式会社ipocaは、10月6日、大型商業施設向けスマートフォン販促プラットフォームアプリ「NEARLY」が、西鉄グループの博多バスターミナル株式会社の「博多バスターミナル」と、東山遊園株式会社が運営する「星が丘テラス」にて導入が決定したことを発表。また、東海エリアとして、株式会社名古屋三越が運営する「LACHIC」でも10月中に「NEARLY」を導入予定。

株式会社ipocaは、10月6日、大型商業施設向けスマートフォン販促プラットフォームアプリ「NEARLY」が、西鉄グループの博多バスターミナル株式会社の「博多バスターミナル」と、東山遊園株式会社が運営する「星が丘テラス」にて導入が決定したことを発表。また、東海エリアとして、株式会社名古屋三越が運営する「LACHIC」でも10月中に「NEARLY」を導入予定。

これにより、これまで首都圏、関西圏を中心に展開してきた「NEARLY」の導入エリアが、札幌、仙台、新潟、東京、埼玉、千葉、神奈川、名古屋、大阪、京都、兵庫、福岡と全国12大都市へと拡大した。

またipocaによれば、今回のような新しい商圏エリアで初めて「NEARLY」が導入される場合、その最初の施設とipocaがタッグを組んで大型ダウンロードキャンペーンを展開し、商圏における購買意欲の高いライトユーザーへのアプローチが可能なプラットフォームを実現する。

その後は周辺の施設が次々と「NEARLY」へ参加し始めるため、自然とエリアが広がり始め、さらにそのエリア同士が繋がることでより大きな商圏をカバーしていく流れとなる。さらに、導入されたその他の施設でも次々とダウンロードキャンペーンがipoca主導のもと実施されていくため、ダウンロード数も飛躍的に増加していく仕組みだという。

今後、ipocaでは、「NEARLY」の対象エリアをさらに拡大することで早期の100万ダウンロードを実現し、全国各地の商業施設情報、店頭商品情報が豊富に集積するプラットフォームアプリとなることを目指したい考えだ。