味の素、トルコ大手食品会社の全株式を約74億円で取得

味の素株式会社は、トルコの大手食品会社 Örgen Gıda Sanayi ve Ticaret A.Ş.(オルジェン社)の全株式およびトルコで幅広く浸透している同社のブランド「Bizim Mutfak(ビジムムファク)」の商標権を合わせて約2億2,000万トルコ・リラ(約74億円)で取得することに合意し、同社株式の51%を保有する Yildiz Holding A.Ş.(イルディスホールディング社)と同49%を保有する創業家オルジェン氏との間で、売買契約を締結。

味の素株式会社は、トルコの大手食品会社 Örgen Gıda Sanayi ve Ticaret A.Ş.(オルジェン社)の全株式およびトルコで幅広く浸透している同社のブランド「Bizim Mutfak(ビジムムファク)」の商標権を合わせて約2億2,000万トルコ・リラ(約74億円)で取得することに合意し、同社株式の51%を保有する Yildiz Holding A.Ş.(イルディスホールディング社)と同49%を保有する創業家オルジェン氏との間で、現地時間11月15日に売買契約を締結。株式取得日は2017年3月上旬の予定。

今回の買収により、味の素は、トルコにおける事業基盤を強化し、事業拡大を加速していきたい考えだ。

トルコの人口は、2015年時点で約8,000万人、年齢構成比は30歳以下の若年層が50%を占有。GDP成長率は直近3カ年で約4%で、今後も底堅い成長が期待される。

トルコでは、経済発展に伴い、都市部での女性の社会進出が広がっており、簡便性の高い調味料・加工食品等のニーズが拡大している。

そのため、味の素では、2013年より、伝統ある調味料ブランド「KEMAL KÜKRER(ケマルキュクレル)」を保有する食品会社KÜKRE GIDA VE İHTİYAÇ MADDELERİ NAKLİYAT VE ÖZEL EĞİTİM HİZMETLERİ TİCARET VE SANAYİ ANONİM ŞİRKETİ(キュクレ社)に50%出資し、トルコでの事業基盤の強化と新しい領域での食品事業拡大を推進してきた。

今回の買収を通じて、味の素では、オルジェン社のブイヨン、粉末スープ、メニュー用調味料、粉末デザートの4事業を取得し、同社のブランド「ビジムムファク」の獲得によって、トルコでの事業ポートフォリオ強化する。

なお、味の素は、2014年〜2016年の中期経営計画において、トルコを中東地域における事業拡大の起点と捉えている。