名刺管理サービス「Sansan」と営業向け働き方改革ツール「Senses」が連携

営業向け働き方改革ツール「Senses」を提供する株式会社マツリカは、Sansan株式会社が提供する法人向け名刺管理サービス「Sansan」とAPIによるツール間のデータ連携を開始したことを本日発表した。これにより、Sansanに登録した顧客の情報を自動的にSensesに取り込み、活用できるようになる。


営業向け働き方改革ツール「Senses」を提供する株式会社マツリカは、Sansan株式会社が提供する法人向け名刺管理サービス「Sansan」とAPIによるツール間のデータ連携を開始したことを本日発表した。これにより、Sansanに登録した顧客の情報を自動的にSensesに取り込み、活用できるようになる。

具体的には、Sansanで取り込んだ名刺の情報がSensesのコンタクト情報(顧客情報)に自動同期、反映され、顧客情報をSensesで活用できるようになる。Sensesには、GmailやOffice365 Outlookとのメール連携機能があり、登録した宛先にメールを送ると、自動的に送信内容をSensesに記録できるため、名刺情報を自動的にSensesに取り込むことで、メールをはじめとした営業活動の履歴を入力する負荷が軽減、容易になり、現場の営業活動はさらに効率的できるようになる。

なお今後も、マツリカでは、他のシステム連携との機能開発を進め、**「営業活動の無駄な作業を減らして、営業の活動データの蓄積・活用を進め、営業活動をもっと効率化していけるようなプロダクトの実現」**(株式会社マツリカ エバンジェリスト 中村岳人氏)を進めていきたい考えだ。